注文住宅を建てる際に気をつけるべき家事の動線

注文住宅を建てる上で気をつけておかなければならないのは、これから新しく住む家に自分たちが合わせていけばよいという考えを捨てて設計をしなければ後悔につながるということです。
賃貸物件や建売住宅、中古の物件に住むのとは異なり、限られた面積の中でとはいえ自由に家のレイアウトを考えることができるのが注文住宅のメリットです。



適当に設計して住みづらかったら工夫して住めば良いというのであれば建売住宅等を購入すれば良いのであり、レイアウトに対して十分なこだわりを持つことが大切となるのです。


リビングやキッチン、寝室の広さや間取りを考えるのもさることながら、実際に生活をする上での動線を考えて設計することが大切です。



特によく意見を取り入れていくべきなのが実際に家事を担う人のものであり、料理や洗濯、掃除といった毎日行う家事が行いやすいように設計されていることは快適に住めることに直結する重要な要素です。



人によってこれらをどういった組み合わせでどういった時間帯に行っていくかということは異なるため、実際にその家事を担う人がどうしたいか、あるいはこれまでどうしていたかということをもとにして動線を考え、無駄なく家事ができるように間取りやスペースを考えることが重要となるのです。そういった家事への配慮を行った上で残りの生活スペースを考えることにより、注文住宅であるメリットを生かして本当に住みやすい家に住むことができるようになります。