バナー

エレベーターの管制機能についての解説

エレベーター設備には地震等の災害に対応することを目的とした種々の管制機能が備わっています。


今回はその管制機能の種類と機能等について、下記で解説を行うことにします。


まずエレベーターには地震時管制運転機能が備わっています。

これは、地震時に地震計で初期微動(P波)や本震(S波)を感知して、自動的にエレベーターのかごを最寄りの階に停止させるという機能になります。また、停電時管制運転機能というのがあり、これは停電になった時、エレベーターが装備しているバッテリーや建物の側の非常電源により、エレベーターのかごを最寄りの階に停止させたり、運行を継続させたりする機能です。

火災時管制運転機能というのは、火災の時に、エレベーターの監視盤に設けられているキースイッチや火災報知機と連動してエレベーターを避難階まで自動的に走行・停止させて、乗客を避難させるという機能です。

また多くのエレベーターには遠隔監視システムが導入されています。


マイコン制御方式の昇降機では、遠隔でのリモートにより異常監視や点検が可能であり、24時間365日の遠隔監視・点検によって、故障の未然防止や早期復旧が可能となります。

遠隔監視システムは、大まかに説明すると、昇降機の故障信号を電気信号に変換し、これを電話回線によりエレベーター保守管理会社の情報センター等へ送信するというシステムになります。
故障を受信した情報センター等は、当該建物へ最短時間で到着できる技術者に出動の指示を出し、迅速な復旧活動に当たらせます。
また、かごの中に閉じ込められた人がいる場合は、昇降機のインターホンで電話回線経由により安否確認を行うことができる装置を備え付けています。


遠隔監視システムでは、マイコンを搭載している昇降機で、昇降機の運行状態を各種のセンサー信号とデジタル信号とを解析し、その動作状況の正常・異常等を電話回線を利用して自動検知・点検ができるようにプログラムされています。

http://bbpromo.yahoo.co.jp/areacheck/
http://www.tokyokankyo.jp/activity/data/kaden/
http://asahi-net.jp/biz/service/ftth/flets/